代表メッセージ

HONKIを創業するずいぶん前のこと。

高校在学中に出会った漫画『バリバリ伝説』に影響を受け、オートバイレーサーなりたいと志しました。これは、私が人生と本気で

向き合った第一歩になります。20 歳の時にレースの聖地鈴鹿へ行き、14 年間レース畑を歩むことができました。下積時代は、昼夜問わず働くことや、スポンサー獲得のための営業等、数多くのことを経験しました。またレースでの大事故を経て、チームメンバーを信じるということ、自責で考えるということに気づき、命を委ねられる信頼で結ばれたチームづくりを体験することができたのです。

そして、レースを続けながら、様々なことに挑戦させていただき、これらを通して、挫折の経験、そこから立ち上がり踏ん張った体験から、“本気” でやることの大切さを学びました。

それまでは、やりたいことをやりたいように突っ走ってきた人生ですが、新たに大きな想いを持ち始めていたのもこの時期でした。

その時に、世の中の閉塞感、若者の“想” いが薄れていくことを感じたのがきっかけで、「若い人たちを元気にしたい!」と強く想ったのです。これが創業への第一歩になりました。

2010 年12 月の創業の時から、様々な方々に応援していただいて、支えられ今日に至ります。

HONKIは、「想いをカタチにする、世界一のベストパートナー“本気の伴走者”」となることを目指し、皆さまと共に発展し、社会に貢献してまいります。